植毛と言う技術について

  • 植毛には2つの種類がある

    • 薄毛や抜け毛にお悩みの方の中には、育毛剤などを使ってもあまり効果が見られなかったという方もいらっしゃると思います。



      少なくなった髪の毛を隠すにはかつらをかぶるという方法もありますが、かつらは不意に取れてしまう可能性もありますし、不自然に見えてしまう事もあって、あまり気が進まないという方も多いでしょう。



      かつら以外の方法では、植毛という選択肢もあります。

      テレビなどでも植毛のCMを目にする事がありますが、植毛は2種類あるというのはご存知でしょうか。


      まずは人工毛を頭皮に埋め込むという方法です。



      スピーディに髪の毛を増やせる方法ではありますが、追加植毛を定期的に行わなければなりません。



      またこの方法では人工的に作られた毛を埋め込むわけですから、免疫拒絶反応が出たり感染症になる恐れもあり、現在では行われる事は少なくなっています。
      そしてもう一つの方法が自分の毛を皮膚ごと移植するという方法です。



      側頭部や後頭部は薄毛になりにくい部分ですので、その部分の皮膚を髪が薄くなってしまった部分に移植することで髪を増やすわけですね。



      皮膚ごとつまり毛根ごと髪を移植することで、本来生えている毛と同様に生えたり抜けたりを繰り返すようになりますので、メンテナンスなどは必要ありません。

      ただし移植の際には麻酔を伴う手術が必要になりますし、暫くは通院もしなければなりません。



      また移植後すぐに髪が増えるわけではなく、生えそろうまである程度時間が必要になります。



  • 関連リンク

    • 近年、最先端の薄毛治療として人気が高まっているのが、自毛植毛です。かつての人工毛を使用した施術では、ピットスカーと呼ばれる頭皮がデコボコになってしまう症状や、アレルギー反応などのリスクが問題視されましたが、自毛を採取して移植する現代の技術においては、格段に安全性の高い施術が可能となっています。...

    • 従来、薄毛治療といえば育毛剤や発毛サロンが主流でしたが、近年では病院での専門治療に注目が集まってきています。一人ひとりの薄毛のタイプ、原因をしっかりと診断の上で治療に取り組む為、セルフケアでの発毛対策よりも優れた効果が期待できる点が大きなメリットです。...