植毛と言う技術について

  • 自毛植毛の施術を受けた後の注意点

    • 近年、最先端の薄毛治療として人気が高まっているのが、自毛植毛です。
      かつての人工毛を使用した施術では、ピットスカーと呼ばれる頭皮がデコボコになってしまう症状や、アレルギー反応などのリスクが問題視されましたが、自毛を採取して移植する現代の技術においては、格段に安全性の高い施術が可能となっています。自分の毛髪として定着するので、一度施術を受ければメンテナンスの必要が無い点が自毛植毛の最大の特徴ですが、その生着率をより一層高める為には、施術の技術はもちろん術後の過ごし方も重要となります。術後しばらくの期間は、様々な点に注意して日常生活を送ることが大切ですが、まず注意したい点として挙げられるのが、洗髪についてです。
      施術後、いつから洗髪を行って良いのかに関しては、しっかりとクリニックの医師やスタッフの指示を守ることが大切ですが、極力シャンプーを使用せず、頭皮に刺激を与えないように洗うことがポイントとなります。

      一般的に、術後2週間程度で通常の洗髪が可能となりますが、それまでの期間は慎重に行うようにしましょう。


      また、アルコールやタバコ、血流を促してしまう運動なども、自毛植毛の生着率に悪影響を及ぼす可能性があります。

      生着率を高める為にも、術後しばらくの期間は飲酒や喫煙を控え、極力静養することが理想です。どれだけ優れた技術で自毛植毛を行っても、術後の不摂生などで生着率を落としてしまっては意味が無いので、これらの注意点をおさえておきましょう。

















  • 関連リンク